江戸切子ちろり(赤)

品切れ中です

商品説明
和のテーブルセッティングで大活躍する、ガラスの「ちろり」です。
もともとお酒を温める道具「銚釐(ちろり)」は金属製でしたが、硝子で作ることでテーブルに彩を添える優雅な姿になりました。硝子素材でひとつひとつを硝子職人が、手吹きによる作業で仕上げております。

冷たいお酒をいただくときは付属の中子に氷をいれて。
お酒が薄まることなく冷やせます。
耐熱性ガラスでできているので、暖かいお酒は、直接ちろりにいれて。
お鍋の中に布巾をしけば、湯銭もできます。

お酒だけでなく、お茶にもおすすめです。
水溶き抹茶や緑茶など、日本茶を色合いから楽しめます。
切子の中子がセットになった江戸切子ちろりは、とっておきの日本酒をいただくときやお正月におすすめ。
使わないときは飾っても素敵な一品です。
取っ手と蓋も朱漆仕上げで、浪漫たっぷりなたたずまいです。

※ちろり単品のみです。

※江戸切子ちろりの中子は非耐熱です。熱い飲み物とあわせて使うことは危険ですので、おやめください。
本体のガラスは耐熱性ですので、暖かいものにお使いの際は、中子を外してご使用ください。
※取っ手生地に金属を用いております。

9.0cmx16.0cmx16.0cmH
素材:ホウケイ酸硝子(本体)
ソーダガラス(中子)
木地に漆仕上げ(蓋)
真鍮に漆仕上げ(取っ手)
  • 33,000 円(税込)
  • 商品番号:000000000147012

この商品のクリエイター・ショップ

廣田硝子

廣田硝子

181 人がフォロー

※フォロー機能とは?

このクリエイターの最新情報をメールでお知らせします。

プロフィール

創業1899年。東京で最も古い硝子食器の老舗。モダンと伝統が融合するガラスで作るアート。

カテゴリ

キッチン雑貨  >  マグカップ/グラス
キッチン雑貨  >  食器

紹介されている特集
この商品を共有する
Popular Corner