江戸切子ちろり(赤)

商品説明

※ご注文前に必ずご確認ください ■ 発送予定日に記載のある「上旬」「中旬」「下旬」はおおよそ以下の日程でのお届けになります。
・「上旬」:1日から10日の期間に発送予定
・「中旬」:11日から20日の期間に発送予定
・「下旬」:21日から月末の期間に発送予定
※具体的な日程の明示はできませんのでご了承ください。
■ 本商品のご注文時に他の商品をご注文いただくと、すべての商品がそろってからの発送となりますのでご注意ください。
■ 本商品以外の最速でのお届けをご希望される場合は、お手数ですが別途ご注文いただきますようお願い申し上げます。

和のテーブルセッティングで大活躍する、ガラスの「ちろり」です。
もともとお酒を温める道具「銚釐(ちろり)」は金属製でしたが、硝子で作ることでテーブルに彩を添える優雅な姿になりました。硝子素材でひとつひとつを硝子職人が、手吹きによる作業で仕上げております。

冷たいお酒をいただくときは付属の中子に氷をいれて。
お酒が薄まることなく冷やせます。
耐熱性ガラスでできているので、暖かいお酒は、直接ちろりにいれて。
お鍋の中に布巾をしけば、湯銭もできます。

お酒だけでなく、お茶にもおすすめです。
水溶き抹茶や緑茶など、日本茶を色合いから楽しめます。
切子の中子がセットになった江戸切子ちろりは、とっておきの日本酒をいただくときやお正月におすすめ。
使わないときは飾っても素敵な一品です。
取っ手と蓋も朱漆仕上げで、浪漫たっぷりなたたずまいです。

※ちろり単品のみです。

※江戸切子ちろりの中子は非耐熱です。熱い飲み物とあわせて使うことは危険ですので、おやめください。
本体のガラスは耐熱性ですので、暖かいものにお使いの際は、中子を外してご使用ください。
※取っ手生地に金属を用いております。

9.0cmx16.0cmx16.0cmH
素材:ホウケイ酸硝子(本体)
ソーダガラス(中子)
木地に漆仕上げ(蓋)
真鍮に漆仕上げ(取っ手)
  • 33,000 円(税込)
  • 商品番号:000000000147012
2020年10月中旬〜下旬発送予定

この商品のクリエイター・ショップ

廣田硝子

廣田硝子

165 人がフォロー

※フォロー機能とは?

このクリエイターの最新情報をメールでお知らせします。

プロフィール

創業1899年。東京で最も古い硝子食器の老舗。モダンと伝統が融合するガラスで作るアート。

カテゴリ

キッチン雑貨  >  マグカップ/グラス
キッチン雑貨  >  食器

紹介されている特集
この商品を共有する
Popular Corner