『ラヂオ塔大百科2017』

あと 15 個 !!

商品説明
「ラジオ塔」は昭和の初め頃に日本各地に建てられた“街頭ラジオ”。灯篭のような塔にラジオが内蔵されていました。公園など公共の場所などに建てられ、当時、多くの人が放送に耳を傾けていました。
前回の「ラヂオ塔大百科」では全国に残る28か所のラジオ塔を紹介しましたが、本誌では37か所に増加。今まで未発見だった名古屋や大阪、長崎、香川のラジオ塔を新規掲載。さらに日本統治時代に作られた台湾のラジオ塔3か所も紹介。
巻末にはラジオ塔があったとされる全国465か所の設置場所一覧を掲載。これを元に探せば、さらに未知のラジオ塔が見つかるかもしれません。

2017年8月11日発行
B5サイズ フルカラー 72ページ
  • 1,650 円(税込)
  • 商品番号:000000000139069

この商品のクリエイター・ショップ

一幡公平

一幡公平

8 人がフォロー

※フォロー機能とは?

このクリエイターの最新情報をメールでお知らせします。

プロフィール

草食系肉体労働派兼業カメラマン。普段は廃墟や猫などを撮影している。パンには目がない。ムサシノ工務店店長の誘いで同人誌作りにハマり、廃墟本など多数発刊している。2011年にラジオ塔との運命の出会いを果たし、その後の人生が狂ったかも?

カテゴリ

ヴィレヴァン雑貨  >  サブカル本

紹介されている特集
この商品を共有する
Popular Corner